お知らせ

【よくある質問】最近よく聞く「ジョブ型雇用」って何?

こんにちは。spotgigカスタマーサクセスチームです。

今回はタイトル通り、「ジョブ型雇用」について書きたいと思います。

 

新型コロナウイルスの蔓延によって、今年は今まであまり馴染みの無かった「テレワーク」「在宅勤務」など、新しい働き方のスタイルが一般化してきました。

その中で「ジョブ型雇用」という言葉をニュースなどで耳にする機会も増えてきたように感じますが、いまいち内容が浸透していないと感じるので、当記事で

解説していきます!

 

「ジョブ型雇用」の定義

ジョブ型雇用とは、業務内容や働く場所を明確に定し、予め決まった範囲の仕事(業務)についての成果で評価する雇用制度のことを言います。

つまり、広く浅く色んな仕事をするのではなく、自身が持つ専門の知識やスキルや資格を活かして、得意な分野で働きましょう!ということですね。

 

日本では最近ようやく浸透しつつありますが、元々欧米諸国では広く浸透している働き方で、中途採用が活発であることからも導入が前向きであることがわかります。

自分の深めたいスキル、進みたいキャリアが明確になることで、即戦力としての力が培われていくという面では非常に合理的な雇用形態ですね。

 

メンバーシップ型雇用との違い

一方で、日本では昔から「メンバーシップ型雇用」が一般的に浸透しています。

これは、いわゆる総合職として新卒一括採用を行うという例が一番わかりやすいのではないでしょうか。

入社時点では特定のスキルを持ち合わせているわけではないですが、社内で様々な職種を経験するすることによって、専門的なスキルよりも会社毎の汎用的な業務を行えるようにする意図の雇用形態です。

その為、「時間をかけて自分の適性を見つけられる」というメリットはあるものの、専門性とは無関係な異動や転勤が行われ、器用貧乏になってしまうケースもしばしば見られます。

 

導入メリット

元々、大手の企業に比べて、スタートアップ企業では、必要な役割や明確に不足しているポジションでのジョブ型雇用が盛んに行われており、実際に当社でもジョブ型雇用を取り入れています。

(というより、スタートアップやベンチャー企業では人的な余裕もそんなに無く余剰人員がいないので、必要なポジションでしか募集ができないという裏返しでもあるのですが 笑)

思い当たる企業側のメリットを書き出してみると、

 

<導入メリット>

  • 即戦力人材を雇用できる
  • 役割が明確なので、評価が適切にできる(労働時間管理や給与面含む)
  • 未経験人材に比べ、研修コストが低い

 

他にもありますが、主にこれらのメリットが挙げられます。

 

ジョブ型雇用の導入企業

最近では、テレワークの導入と併せて下記のような大手企業でもジョブ型雇用の導入が発表されましたね。

  • 日立
  • 富士通
  • 資生堂
  • KDDI

誰もが知る大手企業が旗振りをすることで、今後も益々導入企業が増えてくると思っています。

 

spotgigでジョブ型雇用

様々な業界の採用担当者さんと話していると、新型コロナウイルスの蔓延によって、世界中でライフスタイルの変化が見られるのと同時に、働き方が大きく変革するタイミングだと思っています。

当社が運営する「ギグワーキングプラットフォーム spotgig 」は、必要な職種や役割に応じて「必要な時だけ」高スキル人材を雇用できるサービスです。

既に350社以上の多種多様な業界の企業様に導入(導入事例はこちら!)を頂いており、ジョブ型雇用を促進している日本最大級のサービスです。

是非一度、ジョブ型雇用を取り入れてみませんか??